検索
レース一覧

2021年桜花賞(G1)特集

2020桜花賞_デアリングタクト
2021年4月11日() 15:40発走
桜花賞

阪神11R/芝1600m/(国際)牝(指)

出走予定注目馬

ソダシ ソダシ
牝3 栗東・須貝尚介厩舎
4戦4勝の白毛女王が桜花賞にて始動。札幌2歳S-アルテミスSと重賞3連勝で阪神JFを制覇した実力は世代トップ。前哨戦を使わずに本番へ臨むスタイルは、近年のトレンドでマイナス要素にはならないだろう。2年連続で無敗の桜花賞馬が誕生するか注目だ。

サトノレイナス サトノレイナス
牝3 美浦・国枝栄厩舎
新馬-サフラン賞を連勝し臨んだ阪神JFではソダシに敗れたが、タイム差なしで実力はほぼ互角。スタートの出遅れを考えれば、本番での逆転は可能だろう。打倒白毛の女王に、9冠馬を輩出した国枝厩舎が送る第一の矢だ。

アカイトリノムスメ アカイトリノムスメ
牝3 美浦・国枝栄厩舎
新馬こそ取りこぼしたものの、3連勝でクイーンクイーンCを制覇。3冠馬アパパネへ母としての嬉しい重賞勝利を届けた。狙うは母と同じく桜花賞のタイトル。国枝厩舎の第二の矢として、ライバル達に立ち向かう。

メイケイエール メイケイエール
牝3 栗東・武英智厩舎
ソダシと同じくシラユキヒメの血を受け継ぐ一族。阪神FJの敗戦を糧に、前哨戦のチューリップ賞を制したことは、成長の証と言える。荒ぶる闘志を上手くコントロールできれば、女王へのリベンジも不可能ではないだろう。

アールドヴィーヴル アールドヴィーヴル
牝3 栗東・今野貞一厩舎
キャリア2戦は出走メンバーで最小。ただし、前走クイーンCではアカイトリノムスメと着差なしの2着としており、実力は証明済み。叔父に青葉賞勝ちでダービー3着のアドミラブルを持つ血統背景も魅力だ。

他にもチューリップ賞を同着で制したエリザベスタワー、同3着のストゥーティ、8番人気の低評価を覆しフィリーズRを勝利したシゲルピンクルビー、紅梅S勝ちのソングライン、九州産馬の星ヨカヨカ、フラワーCを勝利し参戦するホウオウイクセルなど、初顔合わせのメンバーも多く、百花繚乱。アイドル女王の戴冠か、それとも新興勢力から桜の女王が誕生するのか。今年も春の訪れと共にクラシックが開幕する。

桜花賞(G1)出馬表(枠順確定)

馬番馬名性齢重量騎手
11ストライプ牝355田辺裕信
2ファインルージュ牝355福永祐一
23ブルーバード牝355柴田大知
4ソダシ牝355吉田隼人
35アカイトリノムスメ牝355横山武史
6ストゥーティ牝355岩田康誠
47ククナ牝355藤岡佑介
8メイケイエール牝355横山典弘
59エンスージアズム牝355岩田望来
10アールドヴィーヴル牝355M.デムーロ
611ジネストラ牝355北村宏司
12ヨカヨカ牝355幸英明
713エリザベスタワー牝355川田将雅
14ミニーアイル牝355藤岡康太
15シゲルピンクルビー牝355和田竜二
816ソングライン牝355池添謙一
17ホウオウイクセル牝355丸田恭介
18サトノレイナス牝355C.ルメール

トライアル他結果

2020/12/13 阪神11R 芝1600m 18頭 曇 良
阪神JF

2020阪神JF_ソダシ 1着 ソダシ (1人気)
2着 サトノレイナス (2人気)
3着 ユーバーレーベン (6人気)

2021/1/11 中山11R 芝1600m 16頭 曇 良
フェアリーS

2021フェアリーS_ファインルージュ 1着 ファインルージュ (3人気)
2着 ホウオウイクセル (8人気)
3着 ベッラノーヴァ (6人気)

2021/2/13 東京11R 芝1600m 16頭 晴 良
クイーンC

2021クイーンC_アカイトリノムスメ 1着 アカイトリノムスメ (2人気)
2着 アールドヴィーヴル (5人気)
3着 ククナ (1人気)

2021/3/6 阪神11R 芝1600m 12頭 曇 稍重
チューリップ賞
  3着以内優先出走

2021チューリップ賞_メイケイエール/エリザベスタワー 1着 メイケイエール (1人気)
1着 エリザベスタワー (3人気)
3着 ストゥーティ (4人気)

2021/3/14 中山11R 芝1600m 15頭 晴 重
アネモネS L   2着以内優先出走

2021アネモネS_アナザーリリック 1着 アナザーリリック (3人気)
2着 ジネストラ (6人気)
3着 ルチェカリーナ (1人気)

2021/3/14 阪神11R 芝1400m 18頭 晴 良
フィリーズレビュー
  3着以内優先出走

2021フィリーズレビュー_シゲルピンクルビー 1着 シゲルピンクルビー (8人気)
2着 ヨカヨカ (2人気)
3着 ミニーアイル (11人気)

2021/3/20 中山11R 芝1800m 16頭 曇 良
フラワーC

2021フラワーC_ホウオウイクセル 1着 ホウオウイクセル (5人気)
2着 エンスージアズム (2人気)
3着 ユーバーレーベン (1人気)

出走予定馬の「調教後の馬体重」

出走予定馬の「調教後の馬体重」は下記となります。
馬名馬体重計量日計量
場所
前走
馬体重
ストライプ5084/8(木)美浦514
ファインルージュ4974/7(水)美浦492
ブルーバード4304/7(水)美浦430
ソダシ4764/8(木)栗東472
アカイトリノムスメ4504/8(木)美浦450
ストゥーティ4304/8(木)栗東422
ククナ4544/8(木)美浦452
メイケイエール4604/8(木)栗東462
エンスージアズム4244/8(木)栗東416
アールドヴィーヴル4264/8(木)栗東428
ジネストラ4404/7(水)美浦440
ヨカヨカ4624/8(木)栗東458
エリザベスタワー5144/8(木)栗東506
ミニーアイル4844/7(水)栗東480
シゲルピンクルビー4684/7(水)栗東464
ソングライン4884/8(木)美浦480
ホウオウイクセル4144/8(木)美浦414
サトノレイナス4764/8(木)美浦474
※馬体重の数値は「kg」。
※開催場以外で計量した競走馬については、計量後に開催場へ「輸送」しています。
※馬体重は、「調教」「輸送」「飼付」「排糞」等により、常に大きく変動します。
※上記馬体重は、あくまでも計量時のデータであり、レース当日の馬体重とは異なります。
※レース当日に発表する馬体重は、発走時刻の概ね70分前に計量しています。
※前走が海外の競馬であっても馬体重を計量している場合には、「前走馬体重」を表記しています。
詳細については、JRAのHPをご確認ください。

桜花賞プレレーティング

馬名2020年度
JPN
ランキング
2021年度
レーティング
最高値
2021年
レーティング該当レース
(2020年該当レース)
アカイトリノムスメ106 MクイーンC1着
アールドヴィーヴル105 MクイーンC2着
ヴァーチャリティ
エイシンヒテン103 MクイーンC4着
エトワールマタン
エリザベスタワー109 Mチューリップ賞1着
エンスージアズム102 MフラワーC2着
オパールムーン105(ファンタジーS2着
阪神JF6着)
ククナ104105 MクイーンC3着
(アルテミスS2着)
ゴールドチャリス102(中京2歳S1着)
サトノレイナス111(阪神JF2着)
シゲルピンクルビー107 MFレビュー1着
ジネストラ102 MアネモネS2着
ストゥーティ103108 Mチューリップ賞3着
(アルテミスS4着)
ストライプ106101 MクロッカスS1着
(京王杯2歳S4着)
スパークル
ソダシ112(阪神JF1着)
ソングライン104 M紅梅S1着
ファインルージュ105 MフェアリーS1着
ブルーバード100(ダリア賞1着)
ホウオウイクセル105 MフラワーC1着
ミニーアイル104 MFレビュー3着
メイケイエール109109 Mチューリップ賞1着
(阪神JF4着)
ヨカヨカ106106 MFレビュー2着
(阪神JF5着)
【プレレーティング表の見かた】
(1)レーティングとは、競走馬の能力を示す客観的な指標となるもので、着差・負担重量・過去の勝馬との比較などをもとに、国際的に統一された基準により、数値化したものです。
(2)ここに示すプレレーティング表は、登録各馬が本年度のレースで獲得した最高値(原則として、G1・Jpn1競走は6着まで、その他の重賞・オープン競走は4着までが対象)と、昨年度のJPNサラブレッドランキングの数値を掲載しています。
(3)空欄の馬は、上記(2)の基準を満たしていない馬です。
(4)牝馬のプレレーティングを牡馬と比較する際には、4ポンドを加えてください。これは負担重量の関係からです。
(5)レーティングに付随するアルファベット(SMILE)は、そのレーティングを獲得したレースの競走距離を示すもので、区分は以下のとおりです。
S 【Sprint】 1,000m-1,300m [1,000m-1,599m(CAN/USA)]
M 【Mile】 1,301m-1,899m [1,600m-1,899m(CAN/USA)]
I 【Intermediate】 1,900m-2,100m
L 【Long】 2,101m-2,700m
E 【Extended】 2,701m-
※詳細については、JRAのHPをご確認ください。

桜花賞(G1)歴代優勝馬

2020/4/12 阪神11R 芝1600m 18頭 雨 重
桜花賞

2020桜花賞_デアリングタクト デアリングタクト
単勝 4.2倍 (2人気)
1:36.1 (36.6)
松山弘平騎手
牝3 栗東・杉山晴紀厩舎

2019/4/7 阪神11R 芝1600m 18頭 晴 良
桜花賞

2019桜花賞_グランアレグリア グランアレグリア
単勝 3.4倍 (2人気)
1:32.7 (33.3)
C.ルメール騎手
牝3 美浦・藤沢和雄厩舎

2018/4/8 阪神11R 芝1600m 18頭 晴 良
桜花賞

2018桜花賞_アーモンドアイ アーモンドアイ
単勝 3.9倍 (2人気)
1:33.1 (33.2)
C.ルメール騎手
牝3 美浦・国枝栄厩舎

2017/4/9 阪神11R 芝1600m 18頭 曇 稍重
桜花賞

2017桜花賞_レーヌミノル レーヌミノル
単勝 40.8倍 (8人気)
1:34.5 (35.4)
池添謙一騎手
牝3 栗東・本田優厩舎

2016/4/10 阪神11R 芝1600m 18頭 晴 良
桜花賞

2016桜花賞_ジュエラー ジュエラー
単勝 5.0倍 (3人気)
1:33.4 (33.0)
M.デムーロ騎手
牝3 栗東・藤岡健一厩舎


データ分析

脚質

脚質成績勝率連対率3着内率
逃げ1-0-1-810.0%10.0%20.0%
先行2-3-0-315.6%13.9%13.9%
差し3-3-7-723.5%7.1%15.3%
追込4-4-2-378.5%17.0%21.3%
昨年はハイペースで逃げたスマイルカナと2番手追走のレシステンシアが粘る中、中団からデアリングタクトが差し切った。馬場状態とペースによっては前が残ることもあるが、追込み・差しが決まりやすいG1。当日のレース展開を読むことが重要だ。

人気

人気成績勝率連対率3着内率
1番人気1-3-1-510.0%40.0%50.0%
2番人気5-3-0-250.0%80.0%80.0%
3番人気1-1-3-510.0%20.0%50.0%
4番人気0-1-1-80.0%10.0%20.0%
5番人気1-0-1-810.0%10.0%20.0%
6-9番人気2-2-3-335.0%10.0%17.5%
10番人気以下0-0-1-870.0%0.0%1.1%
過去10年で5勝、2着3回の2番人気の連対率が80%と高く、最も成績を残している。昨年も2番人気のデアリングタクトが勝利。次いで1番人気と3番人気の連対率・3着内率が高く、相手候補となる。そこから人気薄へ流すのがいいだろう。

枠番

枠番成績勝率連対率3着内率
1枠0-1-1-170.0%5.3%10.5%
2枠0-0-2-170.0%0.0%10.5%
3枠1-1-0-185.0%10.0%10.0%
4枠3-1-0-1615.0%20.0%20.0%
5枠3-0-4-1315.0%15.0%35.0%
6枠0-2-1-170.0%10.0%15.0%
7枠2-2-1-256.7%13.3%16.7%
8枠1-3-1-253.3%13.3%16.7%
過去10年で5枠が3勝、3着4回で他の枠を一歩リード。隣の4枠も3勝、2着1回で勝率では五分だ。次いで7枠・8枠が馬券に絡んでおり、プラス要素となる。反対に内枠は馬券圏内が少なく、本競走では苦戦傾向で若干のマイナス要素だ。

前走着順

前走着順成績勝率連対率3着内率
1着4-5-4-417.4%16.7%24.1%
2着2-1-2-315.6%8.3%13.9%
3着3-2-1-1514.3%23.8%28.6%
4着1-0-0-811.1%11.1%11.1%
5着0-0-0-80.0%0.0%0.0%
6-9着0-1-3-220.0%3.8%15.4%
10着以下0-1-0-230.0%4.2%4.2%
馬券圏内のほとんどの馬が前走で3着内。各ステップで成績を残した馬でなければ本番へ出走が叶わないことを表している。該当馬も多く、他の要素で絞り込みが必要。逆に前走掲示板を外している馬で馬券に絡んだ馬は全てチューリップ賞からの参戦なので、覚えておきたい。

ステップレース

レース成績勝率連対率3着内率
エルフィンS2-0-0-433.3%33.3%33.3%
クイーンC0-2-1-150.0%11.1%16.7%
チューリップ賞5-7-6-2810.9%26.1%39.1%
フィリーズR1-0-2-531.8%1.8%5.4%
アネモネS0-0-0-220.0%0.0%0.0%
フラワーC0-0-1-80.0%0.0%11.1%
その他2-1-0-189.5%14.3%14.3%
昨年はエルフィンSから臨んだデアリングタクトが勝利。2011年のマルセリーナ以来の同ステップからの勝利となった。ダントツなのが、本番と同コース・同距離のチューリップ賞組で、王道のステップ。こちらを中心に他のレースから相手をピックアップすることとなる。

所属

所属成績勝率連対率3着内率
関東馬3-1-4-574.6%6.2%12.3%
関西馬7-9-6-916.2%14.2%19.5%
昨年は関東馬のスマイルカナが3着に粘ったが、関西馬でのワンツー。過去10年で7勝、2着9回、3着6回の関西馬が関東馬をリードしている。関西馬を中心として、買い要素の多い関東馬がいたら加える形が基本だろう。

騎手

順位騎手成績勝率連対率3着内率
1岩田康誠2-0-2-522.2%22.2%44.4%
2ルメール2-0-2-233.3%33.3%66.7%
3池添謙一1-3-0-314.3%57.1%57.1%
4M.デムーロ1-1-0-612.5%25.0%25.0%
5川田将雅1-0-1-711.1%11.1%22.2%
6松山弘平1-0-0-516.7%16.7%16.7%
7安藤勝己1-0-0-150.0%50.0%50.0%
8C.デムーロ1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
9武豊0-2-0-80.0%20.0%20.0%
10和田竜二0-1-0-60.0%14.3%14.3%
共に2勝、3着2回の岩田康誠騎手とルメール騎手が首位を争っている。岩田騎手は人気以上の着順に持ってくることもあり、穴で狙いたい。一方、ルメール騎手は必ず人気になるので、厚めに行くか、思い切って外して高配を狙うなどメリハリをつけた買い方がよさそうだ。

調教師

順位調教師成績勝率連対率3着内率
1松田博資2-0-1-240.0%40.0%60.0%
2石坂正1-1-0-225.0%50.0%50.0%
3手塚貴久1-0-1-514.3%14.3%28.6%
3藤岡健一1-0-1-514.3%14.3%28.6%
5藤沢和雄1-0-1-320.0%20.0%40.0%
6国枝栄1-0-0-325.0%25.0%25.0%
7本田優1-0-0-233.3%33.3%33.3%
8梅田智之1-0-0-150.0%50.0%50.0%
9杉山晴紀1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
10須貝尚介0-2-0-30.0%40.0%40.0%
昨年デアリングタクトで勝利した杉山晴紀調教師がランクイン。1位の松田博資調教師、2位の石坂正調教師は引退しているため、実質は各調教師が2勝目を争う構図。ここでの傾向はそれほど考えなくてもいいだろう。

馬主

順位馬主成績勝率連対率3着内率
1サンデーR2-1-2-1112.5%18.8%31.3%
2キャロット1-4-0-78.3%41.7%41.7%
3社台RH1-0-2-89.1%9.1%27.3%
4シルクR1-0-0-420.0%20.0%20.0%
5青山洋一1-0-0-233.3%33.3%33.3%
6吉岡實1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
6星野壽市1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
6ノルマンディー1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
6廣崎利洋1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
10東京HR0-2-0-40.0%33.3%33.3%
過去10年で2勝、2着1回、3着2回のサンデーレーシングが一応のトップとなる。以下、1勝を分け合うオーナーが並んでおり、乱立状態だ。カギとなるのは、ノーザンファーム系の馬を所有するオーナーやクラブとなるだろう。

生産者

順位生産者成績勝率連対率3着内率
1ノーザンF4-6-3-397.7%19.2%25.0%
2社台F2-2-4-207.1%14.3%28.6%
3下河辺牧場1-0-0-325.0%25.0%25.0%
4フジワラF1-0-0-150.0%50.0%50.0%
5清水牧場1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
5長谷川牧場1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
7千代田牧場0-1-1-20.0%25.0%50.0%
8天羽牧場0-1-0-10.0%50.0%50.0%
9木田牧場0-0-1-10.0%0.0%50.0%
10タバタF0-0-1-00.0%0.0%100.0%
過去10年で4勝、2着6回、3着3回のノーザンファームが他の生産者を大きくリード。昨年は1番人気のレシステンシアが敗れたが2着を死守している。2勝、2着2回、3着4回の社台ファームが続くが、2017年ソウルスターリングの勝利より馬券圏内がなく、近年は苦戦気味と言える。

種牡馬

順位種牡馬成績勝率連対率3着内率
1ディープインパクト5-4-2-2812.8%23.1%28.2%
2ダイワメジャー1-2-1-126.3%18.8%25.0%
3キングカメハメハ1-0-1-225.0%25.0%50.0%
4ロードカナロア1-0-0-420.0%20.0%20.0%
5ヴィクトワールピサ1-0-0-325.0%25.0%25.0%
6エピファネイア1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
7ハーツクライ0-1-1-70.0%11.1%22.2%
8クロフネ0-1-0-100.0%9.1%9.1%
9ステイゴールド0-1-0-60.0%14.3%14.3%
10オルフェーヴル0-1-0-00.0%100.0%100.0%
過去10年で5勝、2着4回、3着2回のディープインパクトが独走している。そんな中、昨年はデアリングタクトが無敗で勝利し、新種牡馬エピファネイアに注目が集まった。今後はポスト・ディープインパクト争いから抜け出すサイアーを見つけ出すことが重要になるだろう。
※過去10年の桜花賞集計

レースガイド

■伝統の牝馬クラシック競走第一弾!
繁殖馬選定レースとしての意味合いを持つイギリスのクラシック競走の中で、3歳牝馬限定戦の1000ギニー(ニューマーケット・直線1マイル)を模範として1939年に「中山四歳牝馬特別」(芝1800m)の名で創設された。その後、1947年に「桜花賞」(芝1600m)にレース名・距離を変更し、1950年からは開催を阪神競馬場に移されて原型が作られた。

そして約半世紀の月日を重ねながら、1984年グレード制施行によりG1に格付けされ、1995年に地方馬、2004年からは外国馬の出走が可能となり、2010年に国際G1競走に認定されて現在に至る。そのレース名が示す通り桜咲く季節に施行されることから、優勝馬は「桜の女王」と呼ばれ、豊かなスピードと完成度を持つことの証明となっている。また、施行日が決まっているにも関わらず、例年上手い具合に桜が咲き誇っていることから、「競馬場造園課が満開維持のために何か秘密の手を使っているのでは?」との憶測が流れることもある。

なお、阪神競馬場の改修により、外回りコースが設定されたことから、2007年より舞台は向正面からスタートする外回り1600mに変更。それまでの枠順の有利不利により多々発生していた通称「魔の桜花賞ペース」が解消し、実力馬が能力を発揮しやくなったと言われる。

過去の勝利馬には繁殖馬選定レースに相応しく、ダービー馬を輩出したアグネスフローラアグネスフライト)やベガアドマイヤベガ)などがおり、また敗れた馬でも、後にG1馬の母となる馬も多い。まさにブラッドスポーツである競馬の根底にあるのがクラシックレースだという証明だろう。近年はこのレースを勝利したのちに歴史的な活躍をする馬も多く、ブエナビスタはジャパンCなどG1(Jpn1含む)を6勝。ジェンティルドンナは牝馬三冠および史上初のジャパンカップ連覇だけでなく、ついには2014年のドバイシーマクラシックを制し、日本調教牝馬での初制覇という偉業を達成。そして2014年の引退レースである有馬記念で有終の美を飾り、年度代表馬に選出されたのは記憶に新しい。